SAI 中古車 価格 相場

クルマ購入に思わず

乗用車を鑑定要望する際は、鑑定担当者の対応を見て感覚をつかむことが重要です。

 

帰するところ、査定をするのは人間です。

 

その個人の性格にもよりますが、感覚を吟味することで、ある程度の査定額の風潮を把握することができます。

 

もし、見積もりの際、担当者に誠意の様子を感じられないような場合は、高値は期待できないでしょう。

 

そうしたケースは、トランザクションを打ち切って、どこかよそにのディーラーにチェンジた方がよいかもしれません。

 

感触のよくない査定担当者に対して、いくら愛車のアピールポイントを主張してもそれが通ることは難しくなります。

 

査定士は玄人なので、アピールしなくても基本的に査定引上げのポイントは見逃しません。

 

結果を急ぎすぎて無理に成約すると、後ほど他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感触が良くない時は、あっさり切り上げる方が堅実です。

 

査定する人に対しては、少しは売り込みしてもいいのですが、あまりしつこすぎると反対に感じが悪くなるので、注意しなければなりません。

 

査定担当者は出来る限り早く契約を得たいと思っています。

 

そのためには、グッドな触りを得ていたとしても、慎重に対応する必要があります。